この時期の大分県九重山登山について。

この時期の大分県九重山登山について。

今月の下旬に大分県の九重山を登山する予定です。
四国から車でのアクセスですが、冬タイヤの装着は必要でしょうか??

コースは牧ノ戸登山口から法華院温泉を予定しています。アイゼンは必要でしょうか?

現地の状況がわからないので、九州の登山者の方教えて下さい。

降るか降らないかは、天気予報サイトなどで自分で情報収集する方が良いですよ。
当方、九重連山のふもと飯田高原、長者原登山口から約4kmの宿ですが、3月下旬でも積雪して牧ノ戸峠がノーマルタイヤNOになることがあります。
先週3/8も雪が降りましたが、牧ノ戸峠でノーマル車のスリップ事故がありました。

画像は、2014.3.21の朝ですが標高900mの当宿でこれでしたから、1330mの牧ノ戸峠はどうだったか想像してみてください。

降るか降らないかは、天気予報サイトなどで自分で情報収集する方が良いですよ。...

まだ雪が残っている可能性はありそうですね。
情報収集していきます。
ありがとうございました。

不要です。
牧ノ戸~法華院温泉、黒土で靴がドロドロになるので、歩き方によってはパンツの裾が汚れますので、ショートスパッツがあると汚れ防止になりますよ。

まずもって要らないでしょう!

法華院温泉に聞けば一件落着です

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *